Misono Hiroko Note

デザイナー御園ひろ子のアイデアノート

バストケアと下着の関係

06/17-2018

暑くなりましたね。
カップの部分が蒸れるのが気になり始めた季節です。
やっぱり、シルクのブラジャーはいいです。
ムレムレするモールドカップは付けられなくなりました・・
ムレは、乳頭の黒ずみや肌トラブルに影響をもたらします。
快適性と肌ケアも兼ねて、やっぱりシルクはおすすめ!!


バストケア後をキープしてくれるブラジャー選びは、慎重に選びたいものですね。
先日、エステに来られたお客様のブラジャーの付け方をチェックさせて頂きました
ダンスの先生をされているの、すらっとスタイルが良いかたです
が、脇下や背中に脂肪が目立つんです。この脂肪は本来、ブラジャーに収めてあるべき脂はずでは・・?
よく見ると、ストラップが伸びて、ブラジャーの位置が低いことがわかりました。
洗ったり着用しているうちにアジャスターが伸びたのでしょう。

ブラジャーの位置が低いと、ブラカップの中に空間ができて、そこにバストが逃げたり
脇などお肉のつきやすい部分にブラジャーの締め付けがあると、不自然にぽっこり脂肪がつきやすくなります。
みなさん、ご自分のブラジャーのストラップの長さを見直してみてください。
体型によりますので、アジャスター位置は適当な長さに調整するのが良いですが
製品が工場から出荷段階では、基本的には5cmに設定されています。


これを目安に、伸びすぎていないか、チェックしてみてくださいね。