Misono Hiroko Note

デザイナー御園ひろ子のアイデアノート

無を有にする

03/15-2020


目を瞑って書いてみた


目を閉じたり、左手で書いたり、条件を悪くして書くことをたのしむのが

私の書のスタイルになりつつある


書のお題としてもよく書かれる「無」という文字

なにも無いという境地


目を開けて、書いた文字を眺めていると

『んー この線の入りがもうちょっとこう、、、』

『強弱が、、、』

ってあれこれ言いたくなった

ふと。あれこれ言うなら

そもそも目を開けて書けばいい


と自分でつっこみ、文字を眺めていると

目を閉じて思考を使わず、ありのままの手の動きから生まれたこの文字が

愛おしく思えた

イマイチなんだけど、それが自分だと


4つの点がひとつひとつ確かに腰を下ろすようにして

ぽってりと並び、均等な感覚で配置された様は

目を使って書く書とは違っていた 美しさにこだわっていては生まれなかったであろう

”うまれたて” の点4つ