Misono Hiroko Note

デザイナー御園ひろ子のアイデアノート

美しさと下着の関係

11/28-2017

今宵もここ、二丁目女の子クラブへ
みんなかわいい。。。♪
今日はオーナーのモカさんとも出会いがありラッキーな日

今日は平日なので、カウンターで並んでみんな仲良く呑みますよ(写真撮るっていったら皆さんいなくなった)
モカさんからの質問「うちのお店にくるきっかけは?」
御園「女装さんが好きだから。。 女装さんは美意識が高いから好き」
モカさん大きく頷く「美しさって基準は?」
御園「所作も含めての美しさを演出できる。下着を洗濯機にポイっていれて洗うんではなく
 手洗いする行為が女性らしい。とかね」

ランジェリーって、外からみえないアイテムなだけに
そこに気を使うかどうかが、女性として試されている
・・・とワタシは思ってて

急なことで病院に搬送された時のこととか
どこかで服を脱がなきゃいけなくなるとか(←まぁ無いか)
っていうもしもを勝手に心配したり

それにここだけの私の勝手な持論ですが
下着がダサい人って、性格もダサいと定義しています
これ自分によく戒める
例えばこんな時
ラクチン優先の下着を選ぶ時は
あんまり物事を考える余裕がなくて いっぱいいっぱいな時
逆に洋服に合わせて下着を選べている日は
その日のスケジュールが頭に入ってて
自分や時間を大切に考えられている時

でもね 時にはラクしていいんです
リラックスさせてあげること
自分を大切に守ってあげること

頑張りすぎないことが 美しさの秘訣かな

いつも頑張りすぎる自分に ご褒美ランジェリーが欲しい季節